« 出版物 | トップページ | 第2回研究会のご案内 »

2011年9月17日 (土)

第7回ヨーロッパ・イラン学会大会

9月7日-10日、ポーランドクラクフ史のヤギェロン大学で開催された第7回ヨーロッパ・イラン学大会に参加してきました。
http://www.filg.uj.edu.pl/ecis7/

サファヴィー朝関係のパネルとして
Sources in Safavid Studies – Courtly Adab and Governance
Tomoko Morikawa: Shah Isma’il and the unknown manuscript
Nobuaki Kondo: Another Manuscript of Dastur al-muluk
Michael Chagnon: Picturing the Unseen: The Illustration and Reception of Hafiz in  Seventeenth-Century Iran
Colin Mitchell: Khwandamir and the Epistolographic Arts

Sources of Safavid Studies - Socio-Economic
Roman Siebertz: Prices, Wages and Living Standard in Safavid Iran
Nozhat Ahmadi: A Summary Examination of Safavid Jongs in the National Library of Iran (Kitabkhana-yi Milli-yi Iran)
Morteza Ghassem Baghloo, Siamak Soltani: Safavid after Fall of Isfahan According to Numismatic Resources

Sources in Safavid Studies – Orthodoxy and Ethnicity
Alberto Tiburcio: Conversion Narratives in the Late Safavid Period: the Case of `Ali Akbar Armani

がありました。

日本人の参加も多く、サファヴィー朝関係では
Akihiko Yamaguchi: Economic Integration of Iranian Kurdistan into Safavid Iran
Katsuhiko Abe: Safavid silk as gift for Shôgun; Iranian textiles in Japan during the Edo Period (1603-1867)

共同研究員の方々では
Naofumi Abe: A Case of “Property Retention” Tactics in Nineteenth Century Iran: Based on the Analysis of Fatḥ ‘Alī Khān Donbolī’s Inventories
Ryoko Watabe: Some New Lights on Fiscal System of the Early Ilkhanids through analysis of an unknown account manual Murshid fi al-Hisab
などの発表がありました。

レベルはいろいろでしたが歴史関係の発表が多かったのでよかったです。

« 出版物 | トップページ | 第2回研究会のご案内 »

海外学界情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回ヨーロッパ・イラン学会大会:

« 出版物 | トップページ | 第2回研究会のご案内 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ