« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

Mattheeさんの最新刊

Rudi Mattheeさんの来日を記念して、最新刊を紹介。
Matthee
Rudi Matthee and Jorge Flores. ed. Portugal, the Persian Gulf and Safavid Persia.
Peeters. 2011.
2007年にワシントンDCで開催されたシンポジウムの報告集。論文12本を含む。
ポルトガル系の研究者が多く寄稿している。

目次はこちら

2011年9月28日 (水)

Rudi Matthee氏来日

Rudi Mattheeさんの来日はご病気のためキャンセルになりました。(10月19日記)

サファヴィー朝研究者として、有名なRudi Matthee氏が来日されます。

Workshop on Empires and Networks: The Dynamics in Historical Asia

 

主催: 科学研究費(基盤B)「帝国・システム・海域ネットワーク:19世紀以前のアジアにおける広域地域史の再構築」

海域アジア史研究会

日時:20111023日(日)13:00-18:00

場所:大阪大学豊中キャンパス、大学教育実践センター教育研究棟12階)、スチューデント コモンズセミナー室1

アクセス:http://www.cep.osaka-u.ac.jp/about_center/about_center/stucomintor

言語:講演は英語のみ、討論は原則として英語でおこなわれます。

備考:事前の登録は不要です。どなたでもご参加いただけます。

 

プログラム

1023日(日)

13:00-13:10 趣旨説明:藤田加代子(立命館アジア太平洋大学)

13:10-14:10 講演

Rudolph Matthee (Roshan Center for Persian Studies, University of Maryland)  ‘Persia in Crisis: Safavid Decline and the Fall of Isfahan’

14:10-14:20 コメント1:鈴木英明(財団法人東洋文庫 研究部)

14:20-14:30 コメント2:山下範久(立命館大学)

14:30-15:15 討論

15:15-15:30  休憩

15:30-16:30 講演

Ravi Arvind Palat (Department of Sociology, State University of New York at Binghamton) ‘Parallels between systems? Towards an alternate dynamic of state formation’

16:30-16:40 コメント3:桃木至朗(大阪大学)

16:40-16:50 コメント4:大橋厚子(名古屋大学)

16:50-17:35 討論

17:35-18:00 総合討論

2011年9月27日 (火)

オスマン史の公募

とあるメーリングリストで、オスマン史の公募情報が廻ってきました。
と言っても日本のものではありません。

Binghamton University, History

Assistant or Associate Professor, Ottoman History

Institution Type:       College / University
Location:       New York, United States
Position:       Assistant Professor / Associate Professor

OTTOMAN HISTORY.
The History Department at Binghamton University, State University of New York, invites applications for an assistant or associate professorship in the history of the Ottoman empire, starting in Fall 2012. Area of specialization is open. Candidates should be prepared to continue the department's strong tradition in Ottoman history and to offer courses in such fields as Middle Eastern history and modern Turkish history. Please send a letter of application, a CV, three letters of recommendation, and two article-length writing samples to Dr. John Chaffee, Chair, Ottoman Empire Search Committee, History Department, Binghamton University, Binghamton, NY 13902 by November 1, 2011. Candidates must have a PhD in hand by the time of appointment. The history department values diversity among its students, staff, and faculty and especially encourages women and minority candidates to apply. Binghamton University is an AA/EOE.

きっとトルコ人が大量に応募して、すごい倍率なんでしょうね。
ちなみに、調べてみたら、この歴史学科は26名ものスタッフを抱える大きなセクションで日本史の専門家もいます。でも、アラブ史はいるけど、イラン史はいません(泣)。

2011年9月26日 (月)

近代パレスチナにおけるロシアのプレゼンス

宣伝で恐縮ですが

日時 : 2011年10月21日(金) 17:30-19:30
会場 : 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階304室(マルチメディア会議室)
    (東京都府中市朝日町3-11-1)

講師 : エレーナ・アスタフィエヴァ Elena Astafieva 博士
    (北海道大学スラブ研究センター・外国人研究員/フランス高等研究実習院・講師)
題目 : 「ロシア帝国の外交と内政の文脈からみるロシア正教会のパレスチナにおけるプレゼンス(19世紀後半から20世紀初頭)」
言語 : ロシア語、ただし長縄宣博氏(北海道大学スラブ研究センター・准教授)による日本語逐次通訳あり
司会 : 黒木英充(東京外大AA研・教授)
参加費 : 無料
主催       東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 ・
    基幹研究 「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
共催     新学術領域研究 「ユーラシア地域大国の比較研究」 第5班「国家の輪郭と越境」

【講演要旨】
Based on the new sources from the archives in Russia, France, the Vatican and Italy, I examine different modalities of the Russian presence in Palestine-Syria, and explore the activities of the institutions – diplomatic, religious, charitable, cultural – through which Russia exercised an influence in this region, during the second half of the 19th and early 20th centuries. This is a new attempt to combine different types of historical research – the history of international relations and the history of religions as well as of cultural and scientific developments – in order to understand the complexity of relationships between Russia’s domestic and foreign policies, and to clarify the place of Russia in Palestine-Syria among the European powers interfering in the region. My presentation evolves from the following two questions. How did the presence in these Arab provinces of the Ottoman Empire, the centre of three major world religions, enable the empire of the tsars vying with France, Britain, Germany, to strengthen its status as a great power not only in Palestine, but also in Europe? How did Russia’s political, religious and cultural presence in this region figure within a wider process of its construction and maintenance of the empire within and beyond its political borders?

2011年9月24日 (土)

Sabri Ates氏関連研究会2

19世紀後半に関するものですが・・・・・

研究会「シェイフ・オベイドッラーの反乱」【公開】

日時 : 2011年10月14日(金) 16:30-18:30
会場 : 本郷サテライト4F セミナー室

Dr.Sabri Ates (South Methodist University, USA)
“Uniting the Kurds under the Sultan’s banner: The Sheikh Ubeidullah Rebellion of 1880”

In the last months of 1880 a momentous event occurred at the Ottoman-Iranian borderland. Under the command of the influential leader of a Sunni religious brotherhood who was an Ottoman citizen, Sheykh Ubeidullah of Nehri, tens of thousands of Iranian and Ottoman Kurds marched on Iran and for some time managed to control several cities. This movement and the response of the Iranian army resulted in great violence and displacement: tens of thousands of families left their ancestral lands, villages and towns were depopulated, civilians lost their lives, and the affected districts were laid to waste. In this presentation Dr. Sabri Ates will discuss whether this was the first Kurdish nationalist uprising or yet another Ottoman effort to incorporate the Sunni parts of Iran into the Ottoman Empire.

使用言語 : 英語

主催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
中東・イスラーム既形成拠点

2011年9月22日 (木)

ハンガリーの友人より

友人のIvanがハンガリーから本を送ってくれました。
感謝!
Iwancover

目次は以下の通り
Iwanfehrest

2011年9月21日 (水)

Sabri Ates氏関連研究会1

2011年10月10日(月)14:00ー16:00
場所:AA研マルチメディア会議室(304)
Sabri Ates (Southern Methodist University)
“Strategic Rivalry or Sectarian Wars? Reconsidering the Ottoman-Safavid Conflict”

Following years of military and ideological confrontations, the Ottomans and Safavids signed their first treaty on 21 May 1555. This marked the first time the Ottomans recognized Safavid Iran as a legitimate entity. Such recognition, however, put an end to neither the military conflict between the parties nor their ideological rivalry. The Safavid state spent almost one fifth of its life fighting its Muslim neighbor. Considering historical debates on the nature of this confrontation, Dr. Sabri Ates argues that sectarianism informed the exchanges between the two states.

2011年9月19日 (月)

第2回研究会のご案内

近世イスラーム国家と多元的社会 第2回研究会

日時:2011年10月9日(日) 14:00-18:00 会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3F    マルチメディア・会議室304    (府中市朝日町3-11-1)    http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access 内容:  1. 山口昭彦氏(AA研共同研究員,聖心女子大学) 「周縁から見る「イラン」の成立:クルド系住民のサファヴィー朝への統合をめぐって」 2. 多田守氏(AA研共同研究員,三木高等学校) 「アヴァ-ルズ・ハ-ネ設定に関する一試論:ギョイヌック郡をはじめとする
ヒュダヴェンディガ-ル県内の諸郡の事例を通して」 (参加自由・無料)

2011年9月17日 (土)

第7回ヨーロッパ・イラン学会大会

9月7日-10日、ポーランドクラクフ史のヤギェロン大学で開催された第7回ヨーロッパ・イラン学大会に参加してきました。
http://www.filg.uj.edu.pl/ecis7/

サファヴィー朝関係のパネルとして
Sources in Safavid Studies – Courtly Adab and Governance
Tomoko Morikawa: Shah Isma’il and the unknown manuscript
Nobuaki Kondo: Another Manuscript of Dastur al-muluk
Michael Chagnon: Picturing the Unseen: The Illustration and Reception of Hafiz in  Seventeenth-Century Iran
Colin Mitchell: Khwandamir and the Epistolographic Arts

Sources of Safavid Studies - Socio-Economic
Roman Siebertz: Prices, Wages and Living Standard in Safavid Iran
Nozhat Ahmadi: A Summary Examination of Safavid Jongs in the National Library of Iran (Kitabkhana-yi Milli-yi Iran)
Morteza Ghassem Baghloo, Siamak Soltani: Safavid after Fall of Isfahan According to Numismatic Resources

Sources in Safavid Studies – Orthodoxy and Ethnicity
Alberto Tiburcio: Conversion Narratives in the Late Safavid Period: the Case of `Ali Akbar Armani

がありました。

日本人の参加も多く、サファヴィー朝関係では
Akihiko Yamaguchi: Economic Integration of Iranian Kurdistan into Safavid Iran
Katsuhiko Abe: Safavid silk as gift for Shôgun; Iranian textiles in Japan during the Edo Period (1603-1867)

共同研究員の方々では
Naofumi Abe: A Case of “Property Retention” Tactics in Nineteenth Century Iran: Based on the Analysis of Fatḥ ‘Alī Khān Donbolī’s Inventories
Ryoko Watabe: Some New Lights on Fiscal System of the Early Ilkhanids through analysis of an unknown account manual Murshid fi al-Hisab
などの発表がありました。

レベルはいろいろでしたが歴史関係の発表が多かったのでよかったです。

出版物

2011年6月 ペルシア語文化圏史研究の最前線  /
New Perspectives on the History of Persianate Societies

近藤 信彰(編)
ISBN:978-4-86337-088-3
MEIS Series No.16
Studia Culturae Islamicae No.99
B5判 179pp.
※お求めについては、AA研の出版物お問い合わせよりお申し込みください。

【目次】

はしがき
ペルシア語文化圏の形成過程――ウタスの議論によせて 近藤 信彰  1
非アラビア文字表記新ペルシア語 矢島 洋一 13
前古典期チャガタイ語文学における翻訳・翻案 菅原 睦 31
ハーフィズ・アブルーの地理書におけるマー・ワラー・アンナフルの条について    川口 琢司 61
17・18世紀ペルシア語詩人伝解題 近藤 信彰 87
私は貧しいサイイドです――フムス受給資格証明書書式二通 森本 一夫 99
南アジアのペルシア語神秘主義文献 『神秘の鉱脈』 二宮 文子 113
中国におけるペルシア語文法学の成立 中西 竜也 129
ペルシア・イラン世界における翻訳文化
    ――インド・ギリシア,アラブ,そして西洋諸語から 守川 知子 151
G. E. Tetley著 『ガズナ朝とセルジューク・トルコ:イラン史資料としての詩』   後藤 敦子 171
執筆者一覧 179

第一回研究会の記録

日時:2011年6月18日(土) 13:30-18:00
場所:本郷サテライト4階

近藤 信彰(AA研所員)
  「近世帝国としてのサファヴィー朝:研究の現状と課題」

髙松 洋一 (AA研所員)
  「オスマン朝研究をめぐる近年の状況と今後の展望」

40名以上の参加をいただき、ありがとうございました。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ